掃除の基本・4 石鹸(せっけん)

makamuki0様(改変)

 

1、石鹸の効果と汚れを落とす仕組みの概要

石鹸はさまざまな汚れに効果的ですが、特に強いのが油汚れ。
アルカリ性で、酸性の油汚れを分解しやすくします。

石鹸は油脂とアルカリから作られる界面活性剤の一種で、
汚れを浮き上がらせる性質があります。

その仕組みですが、

まず、主成分である界面活性剤は、
水と仲良くなる成分(親水基)と油と仲良くなる成分(親油基)
双方を含んでいます。

そして、これらがどのように働くかと言いますと、

親油基油汚れに吸い付きます。
さらに、界面活性剤が汚れを取り囲み、
親水基の力で汚れを水中に分解させます。

その際、決め手になるのは泡立ちです。

空気を十分に含んだ細かい泡が立っていると、
石鹸の成分がしっかりと汚れを吸収します。

目の粗いスポンジや、泡スプレー・ボトルを使うと効果的です。

 

2、用途・形状

なお、石鹸には台所用・住居用・洗濯用等、色々ありますが、
どれも基本成分は一緒です。

中でも、台所用ものの安全基準が一番厳しいですが、
台所用が1本あれば、掃除には事足ります。

また、形状は固形・液体・粉末がありますが、
使いやすいのは、泡立ちの良い液体石鹸です。

 

3、皿洗い以外にも使える石鹸

皿洗いの他にも、エアコンのフィルター、キッチンのガスレンジ、
五徳や受け皿、換気扇の部品等、水洗い出来るものに
幅広く使えます。

また、重曹(じゅうそう)と同じアルカリ性につき、
手垢(てあか)や皮脂等の酸性の汚れを綺麗に落としてくれます。

特にコンロの汚れは、部屋のクロスの汚れ等とは違い、
野菜くずや油分等、色々なものが混ざっていることで、
中々、重曹水(先の記事参照)だけでは落とせません。

したがって、重曹水を多用して高価な液体石鹸の量の節約を考えるとしても、
やはり、ある程度の量の液体石鹸を常備しておくことをおすすめします。

家具や家電製品に付いた手垢、壁・床についた皮脂汚れ等は、
液体石鹸を濡らした雑巾や掃除用のクロスに付けて、
水拭き(みずぶき)にします。

さらに、水で絞った雑巾で水拭き、
最後に乾拭き(からぶき)をします。

なお、大きい油汚れの場合は、
そぎ取れる部分はボロ布やヘラで除去します。

 

4、純石鹸

純石鹸分だけで出来た石鹸は
合成洗剤に比べると手肌に優しく、水に流しても素早く分解されます。

排水された石鹸分は、微生物に分解され小魚のエサになるので、
河川や海を汚しません。

合成界面活性剤が含まれた「複合石鹸」と「純石鹸」との違いは、
商品のパッケージに記載されている成分表示で見分けます。

当該の欄に「純石鹸分」と記されていれば、純石鹸です。

 

 

【主要参考文献】
日本ハウスクリーニング協会『かんたんナチュラルおそうじ術』